超二流バンド♪

 「演奏面での目標」という事になれば「超二流のアマチュアバンド」と言いたいです。

 ただただ、レベルの高い演奏となれば、上級者ばかりを募っていかなければなりません。でも、そうなると、私自身が、辞めさせられそうです(汗+笑)

 

 エールの目指す「超二流のバンド」とは、どんな曲でも1年かけて一流の演奏を作り上げるバンドの事を言います。

 その為には、各メンバーが個人練習を重ね、自分のフレーズを十分に唄えるようになった上で、合奏リハでベクトルを合わして演奏することが重要です。

 

 具体的に言うと、ある4小節のフレーズを初心者が演奏したとします。プロが演奏したのと比べると、全く唄えていないと思います。

 それを100回…200回…500回と繰り返し練習すれば、いつかはプロに似たニュアンスで演奏できるようになると思います。

 全てのフレーズに於いてこのような意識で取り組んだなら、1年経てばかなりの仕上がりが期待できると思っています。

 ただ、メンバーの中には、楽譜通りにお玉杓子を鳴らしているだけで演奏できていると勘違いしている人もいるので、早く個々の意識のアップを自覚してもらえればいいなぁって思っています。

 

 最初は500回練習して、やっとプロ並みに演奏できたとして、次は400回、その次は300回と、プロの演奏を真似るコツを掴めれば、徐々に楽になって行けると思うのですが、浅はかな素人考えでしょうか?(笑)

 

 練習曲を決める時に、同じ楽譜を使用したと思われるアマチュアの演奏を“youtube”で探してみます。

 まずは“youtube”配信されている中では一番の演奏を目標に頑張りたいと思います。

 

 メンバーの皆さん、宜しくお願いしますね。(笑)

 

                             2016.04.12 改定

                             betch(^^)v